2006年12月10日

朝海ひかる、宝塚退団。

 中性的な美しさが映える宝塚歌劇団雪組トップスター、朝海ひかるが、クリスマスイブで16年の宝塚生活に別れを告げる。。。ranKing
 
 
 スマートな小顔。芝居やショーでしばしば女役にも挑み、今年演じた男装の麗人オスカルは代表作になった。現在、東京宝塚劇場で退団公演を上演中。ラストステージでも持ち味の踊りでファンを魅了している。
 今年、宝塚はトップスターのトップスターの退団ラッシュ。7月に和央ようか、11月に湖月わたる、そして“イブ退団”の朝海。1年間に3人もの退団は、平成13年以来で一気に代替わりが進む。ranKing

 退団会見では方向性を明言しなかったが…。ranKing
 「自分の可能性を一つにしたくない。それが女優なのか、もしかしたらカメラマンとか、企画営業部長になっているかもしれないし(笑)。やりたいことをトントンとやって、その中から天職が見つかったらいいなと思うんです。舞台は想像がつかないんですが、お話をいただいたとき、やりたいと思ったらやるかもしれません。まずは旅行に行きたい(笑)」
posted by trend at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。