2006年12月09日

氣志團・綾小路翔、結婚!!“DJ OZMA”

 ロックバンド「氣志團」の團長、綾小路翔(年齢未公表)が結婚したことが判明。ranKing
 7日に婚姻届を提出。8日に公式ホームページで「なんと俺、昨日入籍しました。“永遠の16歳”だから無理かなーって心配してたんだけど無事受理されました。うおー!やったぞーッ!」とファンに喜びを報告した。
 気になる相手について、名前、年齢などは明かしていないが、「ロンドンで知り合った。帰国してからも忘れられなくて必死で(交際を)お願いしました。長いこと胡散(うさん)くさがられたけど、あきらめずにしつこく頼み込んでようやく日本に連れ帰りました」と説明。「現在の職業は“俺の嫁”。素敵な人です。はっきり言って俺にはもったいない。早く彼女と釣り合いが取れるような男になりたい」とベタぼれで、「小柄で可愛いゴージャスな人」とルックスについても明かしている。
 挙式はジューンブライドの来年6月を予定。既に都内の結婚式場に打ち合わせのため婚約者と訪れている。「DJ OZMA」として出場するNHK紅白歌合戦でも大いに注目。

綾小路翔(あやのこうじ・しょう)千葉県木更津市出身。4月26日生まれ、自称永遠の16歳。
地元ではカリスマヤンキーとして君臨。
ranKing
posted by trend at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石原真理子『ふぞろいの秘密』出版!玉置浩二と不倫。吉川晃司と交際。

 女優・石原真理子(42)が、衝撃的な自叙伝を出版した!!ranKing
 デビュー25周年と女優本格復帰を記念して半生を赤裸々に綴った自叙伝「ふぞろいな秘密」で、男性遍歴を実名で明かすショッキングな内容!芸能界に波紋を広げる!

 タレントの暴露本、告白本は過去にもいろいろ話題になったが、当人以外の登場人物はイニシャルでぼかされているものが大半。ところが、この1冊は遠慮なし。。。ranKing
 出世作となったTBSの連続ドラマ「ふぞろいの林檎たち」からタイトルをとった自叙伝は7章立ての239ページ。同ドラマで共演した中井貴一(45)と時任三郎(48)との三角関係をはじめ、田原俊彦(45)との半年ほど続いた愛。そして石原真理子を初めて「プッツン女優」と命名した明石家さんま(51)、そして彼女が結婚を意識した吉川晃司(41)らとの秘話が実名で紹介。
 加えて、芸能界でのいじめの実態や、カラダを提供して仕事を取る女優の存在、映画監督からのセックス強要、同じく“プッツン女優”と呼ばれたタレントとの確執なども披露。★ キタ━━(°∀°)━━!! ★キタ━━(°∀°)━━!!

 世間を騒がせた歌手・玉置浩二(48)との4年に及んだ不倫劇の経緯も。。。心中未遂、そして玉置浩二のDV(ドメスティック・バイオレンス=家庭内暴力)によって腰の骨が折れる大ケガを負ったこと。
 渡米して03年夏に白人男性と結婚。翌04年12月に離婚も経験して昨年帰国した石原真理子は、本の中で「再出発をするためには、過去にひとつの区切りをつけることが必要と考え、真実をつづることを決意した」と説明。出版元は「ここまで赤裸々に語ったのは芸能界史上初めてのことだろう」としたが、実名で報じられたタレントたちの事務所は、「読んでないので何ともいえない」とコメントした。

石原真理子(いしはら・まりこ)本名同じ。1964年2月4日、東京都生まれ。
聖心女子学院高等学科在学中にスカウトされ、80年に映画「翔んだカップル」でデビュー。83年、TBSの人気ドラマシリーズ「ふぞろいの林檎たち」に出演し人気者に。93年、「真理絵」に改名しヘアヌード写真集を出版。95年に渡米し、学生生活を送る。05年に帰国し、再び「真理子」に戻し、来年春公開の映画「明日の私のつくり方」で女優復帰。
ranKing
posted by trend at 23:22| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。